成金おっさん ~億り人になりたくて~

サラリーマンのおっさんがお金持ちになるための挑戦・勉強・施策・戦略をゆるく書いて行きたいなと思っております。

スポンサーリンク

迫るAR時代 ~スマホなんてもう古い~

どうもぉーシュウです!!

 

本日はもうすぐそこまで迫ったAR時代について少しお話させて頂きます。

 

10年前にスマホが発売された際に世間の人々は使いにくい見にくいと言ってガラケーの方がいい』と言っていたのをあなたは覚えておりますでしょうか?

今では一転スマホこそ携帯電話で有り、ガラケーなんて一部の方くらいしか使用していないと思います。

10年前に誰が今のスマホネイティブ時代を想像出来たでしょうか!?

なんせ今では4歳の我が子ですらスマホを自在に操りYouTudeを見ています。

ホント末恐ろしいですよね。

 

しかし、スマホが誕生して10年そんな変革が再度起ころうとしているのをあなたはご存知でしょうか?

 

それがAR時代です。

 

ARとは

コンピュータを用いて人の知覚を拡張して本来現実にはないものを感じる事ができるようにした拡張現実のこと。

 

AR時代はどんな生活になっているか

AR時代には人々はグラス型(メガネ型)の拡張端末を着用して生活を行うことになる。それは私生活はもちろん職場でも当たり前に拡張端末を着用して仕事を行う。

 

拡張端末には町の至る所に設置されたデータにより、現実には存在しない看板等を映像として見ることができる。

 

人と会話する際も会話をしながら同じ画像を拡張端末に映して共有しながら会話を行うこともできる。

 

職場においては、例えば物造りの現場では製作物の作り方を拡張端末に映して作業を行うことによりあまりスキルのない人でも分かり安く作業を実施することができる。

 

TV等も拡張端末で見ることが出来るようになるし、電話は会話をしている人が目の前に居るように映像を映し出せるため離れた場所に住んでいてもまるで同じ家に住んでいるかのような感覚で生活が出来る。そのため、拡張端末に好きなキャラクターを映して一緒に生活が出来る時が来るかもですね。

(私みたいなアニメ好きにはたまらないです♪)

 

いくらでも出来ることは広がるのです。

そうなったとき人々はみんなグラス型端末を付けるためこれをグラスネイティブとかいう人もいるみたいです。

 

いつ来るグラスネイティブ(AR時代)

グラスネイティブが具体的にいつ頃来るのかですが、この拡張端末については既に開発・製品化・販売は始まっています。

しかし、実際に本格的はグラスネイティブの到来はいくつかの条件が整わない限りやってこないと私は個人的に思っております。

 

条件

・実用化できるレベルの拡張端末の開発

・5Gの生活圏内の普及

・人々が受け入れれる時間

 

この3条件が大事な気がします。

 

1つ目の拡張端末の実用レベル化については、既に開発・改良が始まってます。先日もauがODGと共にスマートグラスを開発すると言うニュースが流れていました。しかし、私的にはまだ操作性等の問題等もかなりあると思いますので、実用レベル化には数年かかる気がします。

 

2つ目の5Gの普及については、大手3社は2020年のオリンピックに合わせて運用を開始すると言う噂はありますが、実際には設備投資にかなりの時間と費用がかかると思います。その為、オリンッピクについては本当に一部のみしか5Gを導入出来ないのではないでしょうか。しかも性能としてはプレ5G程度の5G劣化版になるのではないかと思います。実際に生活圏内への普及には早くても5年以上はかかると思っています。

 

3つ目の人々が受けいれる時間については若い世代を始めとしてアニメ好きなどはすぐにその世界に慣れれると思いますが5Gが本格普及したあとに拡張端末が徐々に普及するとしてそこから3年~5年はかかるのではないでしょうか!!

 

以上内容からグラスネイティブ(AR時代)はおそらく5年~10年後には確実にやって来るのではないでしょか.。

 

すごく楽しみですね。

 

その次はVR時代が待っているので本当に待ちどうしいですね。

VR時代についてはまたの機会に紹介出来たらと思います。

 

それでは長くなってしまいましたが私の妄想にお付き合い頂きありがとうございます。

AR時代が来るか来ないか信じるも信じないもあなた次第です。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク