成金おっさん ~億り人になりたくて~

サラリーマンのおっさんがお金持ちになるための挑戦・勉強・施策・戦略をゆるく書いて行きたいなと思っております。

スポンサーリンク

AI開発戦争勝ち抜くのは誰だ

こんにちはシュウです。

 

今回は私の大好きAIシリーズを書かせて頂きます。

 

昨今テレビでもAIと言う言葉を聞かない日がなくなるくらいAIが話題になってきていますが、そのほとんどが言うAIは弱いAIの話ばかりです。

私があなたに知って頂きたいのは強いAIがもたらす爆発的な技術・知識です。

そして、私達日本人は早くこの強いAIを持つことがどれだけの意味を持つかを知りどこの国よりも早くこれを作る必要があることに気付くべきなのです。

 

強いAIがもたらす世界

・『強いAI』意思を持ち何でも考えるAI

 

これまで私はいくつかのブログでAIについて語ってきましたが、強いAIがもたらす世界はあなたが思っているよりもずっと御伽話のような世界です。

 

正直、強いAIが開発されて10年程度が過ぎてシンギャラリティが訪れた後に人間が残っていればもはや何でも出来ます。例えるならドラえもんの道具が使えるレベルかもしれません。

 

ただ今回は私が言いたいのは強いAIが出来て直ぐくらいの話です。

 

AIによるAIの設計

強いAIが完成しますともはやその後はAIが自分でデータを収集して自分より優れたAIを設計・開発してくれます。正直もっとも複雑なAIを作ることがAIに出来ると言うことは他の研究や開発もAIが行うようになります。それも、人間の何倍もの速さでです。

 

AIによるロボット操作

産業はもちろん人間でなければ難しかった介護や看護も全てAIが操作するロボットが実施してくれるようになります。また、医療用のナノボットなどもAIが操作して医療技術が飛躍的に向上します。

 

完全なるVR世界

ナノボット等のナノテクノロジーが発展することにより、脳を直接刺激したり拡張することが可能になり、完全なるVR世界を開発することができます。しかもそのVR世界の解像度はほぼ現実と同じレベルになります。

 

AIと投資

ほとんどの人間が投資で勝てる時代が終わります。AIが人より優れた脳で人には絶対に出来ない速度で投資を行いますので、長期トレードならまだ人が儲けることが可能かもしれませんがデイトレードなどは成り立たなくなるでしょう。

 

AIと格差

強いAIが出来た時点で格差は終わります。これは格差が無くなるのではなく強いAIを手に入れれる財力・権力を持つものと持たないものとでは格差が大きくなりすぎてもはやひっくり返せなくなります。

 

AIによる最強の軍隊

この時点で軍隊はもはや人を必要としません。AIにより統治された最強のロボットにより軍隊は編成され完全にかつ効率的に国を防衛したり戦争することが可能です。

因みに強いAIを持つ国と持たない国では力の差が有り過ぎて戦争にすらならないと思われます。

 

AI開発戦争の勝利者は!?

AI開発戦争に勝利する国は何処でしょうか!?

 

答えから言えば『アメリカ』です。

 

理由を話す前にではアメリカのどこが開発するのかですが、これも答えから言いましょう。

 

『Google』です。

 

では何故私がそう思うかといいますと以前違うブログでも少し書いたのですが、AI開発を行う上でいくつか絶対必要になると思われる条件があります。

 

前提条件

・AI開発にかかる莫大な資金を投入できる

・人々の思考等に関係するビックデータ

・現時点での技術力が一定以上であること

 

これから考えて可能な国が2国だけあり、それは中国とアメリカです。

そしてこの2国は既に膨大な資金をAI開発に投資しております。

特に中国はAI開発は自分たちが一番を走るんだと心に決めてすごい勢いで開発や国家をあげてデータを集めています。

 

『えっじゃなんで中国じゃなくてアメリカが開発するの!?』

と思ったあなた!!

ちゃんと理由はあります。

 

それは、アメリカにはグーグル・フェイスブックツイッターがあり、世界規模で情報を収集しているからです。普通に考えて国の中だけの情報と世界全体だったら世界全体の情報の方がすごいと私は思うからです。

 

そうした情報収集で最も強いのがグーグルだと思いますし、グーグルは既にAI開発にすごく力を入れています。

 

因みにAI開発にアメリカで力を入れている会社にアマゾンがありますよね。

資金・技術はいいとしてアマゾンはAI開発用のビックデータってどうやって手に入れるんだろうと個人的に少し謎です。顧客情報とかでもディープラーニング出来るのかな!?

 

日本とAI開発

『日本はAI開発していないのか!?』て話になると思いますが、もちろんAI開発自体はしているはずですが、日本は現段階では強いAIを開発出来る可能性は極めて低いでしょう。

 

理由

・政府がAIを過小評価している

・AIへの投資が少ない

・独自のビックデータがない

・優秀な人材はグーグルなどにとられている

・一般人に時代錯誤の人が多い

 

以上の理由から日本で強いAIを一番に開発することは難しいでしょうね!!

残念です。

日本がAI開発戦争で勝つためには

これは簡単ですね。

とにかくAI分野に政府がお金を流しまくることです。

優秀な人材は日本には多くいます。

絶対に他国に日本の優秀な人材を流してはいけないことに政府は早く気付いて欲しいものです。

そして、もう一つはアメリカと共同開発することです。そうすることで、日本がAI開発に必要なものは全て整いまます。

 

最後に

AIについてはすごく皆さんにお伝えしたいことがいっぱいあるんですが、正直有り過ぎて全然整理が出来ないし、若干似たり寄ったりな話が多くなってしまいますので、いろいろかぶる話もあるかと思いますが今後もお伝えできたらと思いまう。

ちゃんと自分の中で整理が出来ましたら、正式版のAIシリーズをいつか書きたいと思いますので、お付き合い頂けたら助かります。

 

それでは本日も私の妄想にお付き合い頂きありがとうございました。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク