成金おっさん ~億り人になりたくて~

サラリーマンのおっさんがお金持ちになるための挑戦・勉強・施策・戦略をゆるく書いて行きたいなと思っております。

スポンサーリンク

子供を大学に行かすには ~学費調達~

こんちわぁー!!

シュウです。

 

私は5歳以下の子供が3人もいて実は自称イクメンなのですが、子育てってお金掛かりますよね。特に子供を大学に行かせようと思ったらすごく莫大な資金が必要になります。そこで、今回は子供の大学費用の調達方法について考えて行きます。

 

目次

 

大学に子供が行くと掛かる費用

大学に子供が入り卒業するまでにはいろいろ費用が掛かりますが、入学する大学や地域などで掛かる費用は全然違って来るので私の場合に掛かった費用を以下に記載しますので、参考にして貰えたらと思います。

 

生活費(月額)

住宅費 4万5千円

食費  2万円

光熱費 5千円

携帯代 1万円

合計 8万円

 

大学学費(年額)

工業系の大学 150万

 

合計(4年間)

年間生活費96万+学費150万×4年=984万

 

確か私の場合はこんな感じだったと思います。

約1000万円掛かりました。

 

生涯賃金から考える人生設計

それではこの金額がいかに膨大な額なのかを生涯賃金から考えて見ます。一般的に生涯賃金は2億円と言われていますが実際はそこまで貰える人は少ないのではないでしょうか。以前私が順当に出世したとしていくら生涯賃金が貰えるか計算したことがありますが、私が勤めている企業は一応地方ではそこそこ大きい会社ですが1億8千万程度であると私は想定しています。そこで私の生涯賃金と60歳くらいまでの出費について考えたところ以下のようになりました。

 

家のローン 4000万

生活日 10万×12か月×38年=4560万

子供の大学費用 3人×1000万=3000万

大学までの学費 3人×500万=1500万

その他費用(衣服など) 3000万

合計16060万

 

生涯賃金18000万-16060万=1940万(老後の資金)

 

単純に計算しただけですので実際はもっと費用が掛かってくると思いますし、旅行とか少し贅沢したり車を変えたり税金のことを考えると生涯賃金がほぼなくなると考えられます。老後はもはや生活はできません。

 

子供を持ち出しゼロで大学に

子供をもし自分の財布から持ち出しゼロで大学に行かせれたら4500万円が手元に残り生活が出来ます。どのようにしてこれを行うのかを私は長い間考えていました。ここで大切なのは現在子供には子供手当が出ていることです。

 

児童手当(子供手当

0~3歳まで 1万5千円

3歳~中学生まで 1万円 (第3子以降は小学校まで1万5千円)

 

この子供手当をどのように利用するかで今後の生活が豊かになるかどうかが決まってくると思われます。

 

子供手当使い方

子供手当総支給額 198万円(子供一人の場合)

 

貯金する 18歳時点で198万円

 

学資保険 利回り0%~10% 18歳時点で198万~218万円程度

 

投資信託 利回り年間3%~8% 18歳時点で276万~490万円程度

 

株投資   利回り10~20%以上なら 18歳時点で500万~1000万程度

 

結論

先程の検討から考えるなら持ち出しゼロで1000万を稼ごうとすると株投資で10%~20%の成績を出す必要性があります。

しかし、これは素人にはまず無理です。

そもそもその成績をスタンダードに出せるなら株で食っていけます。

 

それでは、貯金・学資保険についてはお金を貯めてると意味では素晴らしいやりかたですが、これで学費にそなえるには全然たりない上に一番の問題は日本政府が永久債を実施してインフレになったりするとお金の価値が変わってしまうのでかなりリスクがあります。

 

そうなると、投資信託はどうでしょうか!?

投資信託を毎月積み立てで子供手当を用いて購入して行けば上手くいけばそこそこのリターンを得ることができます。しかも、毎月積み立てにすることでリスク分散を行うことができますし、バランスファンドを購入すればさらにリスク分散ができますのでなかなかいい考えです。ただうまくいったとしてもせいぜい学費の半分くらいですが・・・

 

つまり、学費持ち出しゼロは無理ですね。

しかし、貯金するよりは投資信託等に投資することを考えるのは自分の老後を考えるなら一つの手かもしれません。

 

因みに

因みに私はウェルスナビと言うロボアドに投資しています。

今のところいい感じに増えています。

 

最後に

自分と家族の将来設計をする上で自分が生涯賃金がどのくらいで、子供に将来どのくらいお金が掛かるのかなどを早いうちにシュミレーションすることで将来の不安を取り除いたり今後どのように生きて行くべきかに気付くことが出来ると思いますので、是非あなたも一度考えて見てはいかがでしょうか。

 

ただ、投資についてはリスクがかなりありますので、どのようなリスクがあるかをしっかり勉強・研究して自己責任で行ってください。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク