成金おっさん ~億り人になりたくて~

サラリーマンのおっさんがお金持ちになるための挑戦・勉強・施策・戦略をゆるく書いて行きたいなと思っております。

スポンサーリンク

ビックカメラ 優待

こにゃんここにゃんこどうもシュウです。

 

今回は5月18日にビックカメラより優待がきましたのでその話をさせて頂きます。

 

目次

 

優待来た来た キタキタオヤジ(どうでもいい話なので飛ばしてください)

昨日出張より家に帰宅したところポストにビックカメラからなにか封筒が来ていました。『なぜビックカメラから封筒なんかくるんだ!?』と私は頭の中で???と軽くパニックです。どこからどう見てもいつもの株主に贈られてくる封筒です。しかし、私には一切の記憶がなかったのです。

 

恐る恐る封筒を開けてみると中からなんと、

 

ティキティキティーン

株主優待券』

 

びっくりしました。

取引した記憶が全くないのにビックカメラの優待券がきていました。その後、取引履歴を見るといつの間にか優待取りをしていました。

全く記憶がないです。記憶喪失かもしれないですが貰えたのでちょっと得した気分です。

 

ビックカメラ優待券

ビックカメラの優待券ですがなんと2000円分も有りました。私は知らなかったのですがコジマとソフマップでも使えるんですね。

因みに貰える条件以下の通りです

 

 

優待制度 基準日 所有株式数
100株
以上
500株
未満
500株
以上
1,000株
未満
1,000株
以上
10,000株
未満
10,000株
以上
所有株式数
に応じた株主優待制度
2月末日 2,000円
(2枚)
3,000円
(3枚)
5,000円
(5枚)
25,000円
(25枚)
8月末日 1,000円
(1枚)
2,000円
(2枚)
5,000円
(5枚)
25,000円
(25枚)
保有期間
に応じた株主優待制度
8月末日 1年以上2年未満継続保有(100株以上)
※半期ベースの株主名簿に連続3・4回記載
1,000円
(1枚)
2年以上継続保有(100株以上)
※半期ベースの株主名簿に連続5回記載
2,000円
(2枚)

出典元:株主優待制度│株式会社ビックカメラ:株主・投資家情報サイト

 

利回りについて考えよう

ビックカメラを長期的に保有した場合利回りてどのくらいなのかについて考えて見ました。利回りは基本優待が貰える最少単元がもっとも良くなると思いますので100株で考えて見ます。

 

100株 株価(1株) 1747円(平成30年5月18日時点)

優待券 2月 2000円

    8月 1000円

 

配当(1株当たり) 2月 5円(18.8予)

          8月 7円(18・8予)

 

以上より

5×100+7×100+2000+1000=4200

1747×100=174700

174700÷4200=約41.6

100÷41.6=約2.4

結果 合計利回り2.4%

 

計算苦手なのでよく分かりませんが、多分年間利回りが2.4%くらいです。つまり元を取ろうと思うと単純計算でば50年必要になります。しかし、この50年と言うのも現在と配当・優待が変わらない場合で考えるとと言う条件付きです。

 

優待目当ての長期投資はお得!?

先程検討したとおり、優待・配当目的で投資をした場合元を取るのに50年掛かります。もしあなたが余裕資金で且つ気長に投資できるのであればいい方法かとは思いますが正直私はオススメできません。やはりキャピタルゲインで儲ける方が効率的且つ破壊力があります。

 

キャピタルゲインとは

キャピタルゲインとは、株式や債券など、保有している資産を売却することによって得られる売買差益のことです。
例えば、株価30万円で購入した株式が、35万円になったときに売却した場合、差額5万円(手数料・税金を除く)がキャピタルゲインになります。キャピタルゲインは、株や債券だけでなく、不動産、金、プラチナなどの貴金属を売買することでも得られる可能性があります。
売却することによって損失が出た場合はキャピタルロスといいます。
キャピタルゲインに対し、資産を保有していることによって得られる収益(利息や配当等)をインカムゲインといいます。

引用元:キャピタルゲイン│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券

 

最後に

個人的にはキャピタルゲインで儲けるのが私は好きですが、それは各々の考え次第だと思いますのでインカムゲインで儲けることも戦略的に有りだと思います。特に今後株価暴落なんてことが有り、底値で仕込めたらインカムゲインで一生暮らせるかもしれませんので是非そこは狙っていきたいです。

 

優待券は投資としては副産物みたいなものですがやっぱり貰えると凄く嬉しいです。また、家族にあげたりすると鼻高なのですばらしいです。

 

投資は負けるのも勝つのも自己責任ですので、しっかり勉強・研究して自分で考えて行いましょう。

 

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク