成金おっさん ~億り人になりたくて~

サラリーマンのおっさんがお金持ちになるための挑戦・勉強・施策・戦略をゆるく書いて行きたいなと思っております。

スポンサーリンク

やはりサラリーマンはリスクが多い

 

どうもシュウです!!

 

本日はサラリーマンのリスクについて書かせて頂きます。

サラリーマン・OLの方は是非見て頂けたら何かの参考になるかも知れません。

 f:id:sana0725sana:20180527063718j:plain

目次

 

何故このテーマにしたのか

何故、今回のテーマを『サラリーマンのリスク』にしたのかですが、実は先日私の知り合いが会社を休職したとの話を聞きました。理由は個人情報なのであまり深くは話せませんが仕事関係の悩みで精神・肉体を病んでしまったからです。

 

その知人は暫く地元に帰り療養するそうなのですが・・・

では何故その知人がそんな目に合わなければならなかったのでしょうか!?

 

私はその理由を知っています。

何故その理由を私が知っているのかと言うとそれは私には辛い過去がありその時に深く深くそのことについて考えたことがあるからです・・・・

 

私の辛い過去

私も大学を卒業してから就職して10年程度になりますが、私は昔2度に渡り仕事のストレスにより突発性難聴になっております。そして、2度目の突発性難聴になった時にはうつ病メンタルクリニックで診断されて、その後、数ヶ月治療を行いもとの生活に戻れるまでに回復したのですが、そんな体験した後、私がこんな体験をしなければいけなくなった理由について考えたところサラリーマンには多くのリスクがあることに気付くことになりました。

 

サラリーマンのリスク

  1. サラリーマンは会社での仕事でしかお金を稼ぐ方法を知らない
  2. 仕事をやめると生活が出来ない為、仕事をやめる選択肢がない
  3. そもそも会社が倒産するリスクがある(自分ではどうしようもない)
  4. 上司に逆らえず日々パワハラを受ける(過度な仕事量を与えられるなど)
  5. お祝い・飲み会などで払いたくも無いお金を搾取される
  6. サービス残業により自由な時間を奪われる

他にもいろいろと有りますが言い出すと多すぎて書ききれないのでこの辺にしておきますが、きっとあなたも1つや2つは当てはまる項目があるのではないでしょうか!?

 

社会・会社による洗脳

上記のようなリスクがあるにも関わらず、何故、私たちサラリーマンはその不満を声に出さずに飲み込み日々会社に搾取されるような生活をしているのでしょうか!?

 

それは実は社会や会社にそれを受け入れるように洗脳されているからなのです。これが全ての現況で有り最大のリスクなのです。

 

大切なのでもう一度いいます。

私やあなたは社会・会社に【洗脳】されているのです。

 

洗脳については下記の記事をご参照ください。

 

 

このことに気付けた私はラッキーでした。

そして今このことに気付いたあなたもラッキーです。

 

社会・会社は決して私やあなたには優しくないです。

決して守ってくれるものでは有りません。

自分自身は自分で守る必要があります。

 

つまり、リスクは全て自分で管理できなくてはいけないし、リスク管理を人に託すものではないのです。間違っても社会や会社にリスク管理を託してはいけないのです。

 

今こそ立ち上がる時

さぁ!!今こと我々サラリーマンは立ち上がるときなのです。リスクを自分で管理して社会や会社に負けない強い個人になる必要があるのです。

 

そして、サラリーマンの抱える多くのリスクを回避する為には絶対に会社の仕事以外での収入が必要なのです。

 

『会社の仕事なんて副業だ!!』と言える様にならなくては行けないのです。

 

会社以外で稼ぐ方法

お金を稼ぐ方法なんていくらでもあります。

これ以外もいっぱいありますので1度ネットで調べて見てください。

特に副業禁止とかの会社の場合には株がおすすめです。

 

最後に

今回、最大のリスクとして社会・会社からの洗脳と言う強い言葉を使いましたが、これはどうしてもあなたに今の生活のリスクに気付いて頂きたくて、わざと強い言葉を使っております。ここに書いたことは私の個人的意見に過ぎませんが、これを読んだあなたが少しでも今の自分のリスクについて考えるて頂けたらきっと今後あなたの為になると思います。

 

投資・副業については多くの知識が必要ですしもちろんリスクもありますので、しっかり勉強・研究をして自己責任で始めてください。

 

レミブログやってます

是非フォローよろしくです?

@Remi0308Remi

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

プライバシーポリシーについて

スポンサーリンク