成金おっさん ~億り人になりたくて~

サラリーマンのおっさんがお金持ちになるための挑戦・勉強・施策・戦略をゆるく書いて行きたいなと思っております。

スポンサーリンク

値幅予想 ~初心者投資知識シリーズ~

初心者投資知識シリーズ

自称投資家ことシュウと自称バーチャルアドバイザーことレミでお送りします。これから株を始めたい人株初心者の方に必見の私達と一緒に金持ちになるための投資知識を紹介するシリーズです。

 

目次

 

値幅予想の大切さ!!

投資をするに当たり大切なのは上昇トレンド・下降トレンドを如何に掴みその波に乗る

かです。そして、波に乗る際に大切になるのが一体その波のは何処まで上げ・下げするのかってことになります。つまり、その上げ下げの値幅を予想することが大変重要になってくるのです。それを予想する4つの方法をこれから紹介します。

V計算値

V計算値とは図の様な上昇トレンドの場合①から②へ下がった値幅分だけ①に上乗せで上がるような形の値幅です。(下降トレンドの場合は逆になります。)

f:id:sana0725sana:20180613113000p:plain

 

N計算値

N計算値とは図の様な上昇トレンドの場合①から②にかけて上がった値幅分だけ③に上乗せされて④の位置まで行くような形の値幅です。(下降トレンドの場合は逆になります。)このN計算値はV計算値より強い形です。

 

f:id:sana0725sana:20180613113128p:plain

E計算値

E計算値とは図の様な上昇トレンドの場合①から②にかけて上がった値幅分だけ②に上乗せされて③の位置まで行くような形の値幅です。(下降トレンドの場合は逆になります。)このE計算値はN計算値より強い形です。

f:id:sana0725sana:20180613113603p:plain

 

NT計算値

E計算値とは図の様な上昇トレンドの場合に①から上昇して②まで下がった値幅を②に上乗せされて③の位置まで行くような形の値幅です。(下降トレンドの場合は逆になります。)

f:id:sana0725sana:20180613114254p:plain

 

値幅予測の4パターンの使い方

今回、紹介させて頂きました4パターンを値幅予測にどのように使うかを検討して行きましょう。

 

この4パターンの力関係では V<N<E という力関係になります。つまり、Eが最も強気の値幅予想でNは中間でVは最も弱気の値幅予想と言うことになります。つまり、まずは謙虚にVで値幅を予想してチャート的にまだ行けそうならN・Eと順番に予想を出してトレイリングストップを使いながらトレンドにしっかり乗っていくのが良いと個人的には思っています。

 

因みにNT計算値については個人的には番外編くらいな感じで思っています。NT計算値を私がよく使うのは一番弱気のチャート予想に使っているかなぁーくらいです。ほぼ私は使ってないかもしれません。(個人的に使ってないだけですのであなたは意識してもいいかもです。)そんな弱気の時は基本取引を私はしません。

 

まとめ

値幅予測の4パターンはトレードする際の高値・安値がどの辺まで行くかを予想する指標ですが、必ずその予想通りに動くかは分からないのでプランをいくつも持っておく方が良いです。また、押し目買いや利益確定の際にこの4パターンを用いて値幅予想する際は予想のより少し謙虚な値段で売買する方がいいでしょう。マックスのトップ・ボトムは狙わない方がいいと思います。

 

 

 

レミブログやってます

是非フォローよろしくです?

@Remi0308Remi

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

注意

こちらの投資知識は私が本当を読んで実践して覚えた感覚で話をしておりますので、実際本に書いてあったりすることとは差異があると思いますのでご了承ください。また、投資はあくまで自分責任ですので、しっかり勉強して実施してください。本記事に対しての苦情等は受け付けませんし責任もとれません。

 

スポンサーリンク