成金おっさん ~億り人になりたくて~

サラリーマンのおっさんがお金持ちになるための挑戦・勉強・施策・戦略をゆるく書いて行きたいなと思っております。

スポンサーリンク

ギャンブル依存症の克服方法

 

はじめに

ギャンブル依存症とはパチンコ・スロット・競馬・競艇などのギャンブル行為に心を囚われその行為を習慣的に行ってしまいやめようとしてもやめられない。お金がなくても借金をしてでもギャンブルをしてしまう様な症状である。

 

日本人の300万人~500万人がギャンブル依存症の可能性があると言われており、自分はギャンブル依存症ではないと思っていても気付けばギャンブルに心を囚われていると言う人は多いようです。

 f:id:sana0725sana:20180617074844j:plain

目次

 

【体験談】私もギャンブル依存症だった!!

私は大学生1年生の時にパチンコとスロットに出会ってから約10年間ギャンブルに囚われて生きて行きました。私自身がギャンブル依存症だと気付いたのは当時付き合っていた彼女に夜中に寝ながらスロットを打つ動作をうなさられながら行っていたと言われた時でした。しかし、自分がギャンブル依存症と気付いてからもパチンコ・スロットをやめることは出来ず。ギャンブルでお金が無くなりご飯を食べる事が出来なくなりバイト中に倒れて『もう絶対にギャンブルはしない』と思っても結局、次の週にはパチンコ屋に行っていました

 

私の様に食費を削ったり借金をしてまでギャンブルをしてしまう人はもう完全にギャンブル依存症です。そして、ギャンブルに囚われてしまうと自分だけでは無く周りの人間(家族・交際相手・友達)にも迷惑を掛けてしまうことになります。

 

ギャンブル依存症を克服するのは時間がかかる!!

私は現在パチンコ・スロットには一切(2年くらい)行かなくなりましたが、ギャンブルをやめると決めてからこの状態に至るまでに約8年掛かりました。これは単にギャンブル依存から脱却する方法を教えてくれるメンターがいなかったから時間が掛かったという理由もありますが、ギャンブル依存症もたばこ・お酒の依存症の人が簡単には克服出来ないのと一緒でどうしても時間が掛かるし再発してしまうことも多々あるのです。

実際に私もギャンブルを辞めて1年くらいして一度だけパチンコ行くとまた再発してまたパチンコ屋に行き続けるという行動を2度繰り返しました。

 

間違った考え方

私と一緒にパチンコ・スロットばかりしていた親友がよく言っていましたが、

 

『趣味がないからパチンコするしかないんだよなぁ』

 

同じように思っている方も結構多いのではないでしょうか!?

ハッキリ言います。それは違います。

それはギャンブル依存症であることを忘れさせて他の何かのせいにして逃げているだけです。実際に他に趣味があってもギャンブル依存症の人間はその趣味さえもギャンブルに紐付けてしまいます。そもそも、最近のパチンコ・スロットは逆に趣味からギャンブルに入らそうとメーカーがアニメなどをどんどん起用して機種を開発しています。

 

私自身も趣味を作れば辞められると思い、アニメやソシャゲ―を趣味としたのですが先に述べた様に最近のアニメを起用した機種のせいで余計にパチンコ屋に行くことが増えましたし、ソシャゲ―もパチンコに勝ったら課金しようと思ってしまい余計にパチンコ屋に行くようになりました。

 

ギャンブル依存症が治らない理由は潜在意識のせいである

何故ギャンブル依存症は治らないのかですが、それは人間のほとんど全ての行動をコントロールする潜在意識のせいなのです。

 

潜在意識の中には現在の環境・行動を変化させまいとする現状維持機能が有ります。現状維持機能とは『現状私はこの環境・行動で生きれているのだからこのままの状態なら生き続けられる』潜在的に思ってしまっており、そのため現状を維持して生き続けようとする機能のことです。

(現状維持機能については話始めると長くなるので簡単にしか今回は説明しません)

 

そして、この潜在意識に潜む現状維持機能を変えない限りギャンブル依存症を克服できませんが、潜在意識と言うものは意識的に変化させるのが非常に難しい領域なのです。そのため私やあなたは簡単にはギャンブル依存症を克服することは難しいのです。

 

ギャンブル依存症を治す5つのステップ

それでは本題のギャンブル依存症を克服する方法について説明して行きたいと思います。先にも述べましたがギャンブル依存症を克服するためには潜在意識をコントロールする必要がありますので、実際に私が克服までに行った5つのステップをご紹介します。

 

1.自分はギャンブル依存症であることに気付くこと

ステップ1はまずは自分自身がギャンブル依存症もしくはそれに近い状態であると認めてください。そうしない限り次の行動に移れませんし、『自分はギャンブルは趣味だし無理がない程度にしかしてないから』とか言っているうちは絶対にギャンブルをやめることは出来ません。

2.最悪の将来を強く繰り返し想像する

ステップ2はギャンブルをこのままやっていた場合に自分の人生が終わってしまうことに気付いて下さい。そして、その中でも最も悪い将来繰り返し想像して下さい。まるでそれが現実であるかのように強く繰り返しにです。毎朝毎晩繰り返し想像するのです。

 

因みに漫画・アニメ・映画などを参考にすると想像しやすいと思います。私の場合は『闇金融ウシジマくん』と言う漫画を読んでその内容を自分自身に置き換えることで『自分はこのまま行けば人生が終わってしまう。自分のせいで家族の人生まで狂わせてしまう。』と完全に思い込ませました。

 

 

 

ポイントは現状を維持しようとする潜在意識にこの現状では生きて行けないと言うことをしっかり教え込まないといけませんので、とにかくリアルに想像して現実だとおもうことです。

3.暇を無くすべし

ステップ2が完全に完了すればあなたはギャンブルから距離を置くようになっています。しかし、潜在意識と言うのは非常に頑固ですので簡単には諦めてくれません。そのためここで一度でも隙を見せると現状維持機能が働いて一気に最初の状態に引き戻されますので強制的にギャンブルを行なえない状態にするのが一番です。

 

『なら趣味を探してそれに打ち込めばいいだね!!』と思ったあなたは甘いです。先にも言いましたが趣味程度では潜在意識には敵いませんので、出来る事ならもっと強制力の強いモノの方がいいです。一番いいのは仕事をギャンブルが出来ない時間まですることですが、今の時代なかなかそんなに会社が働かせてくれませんので物理的にお金を無くすことが良いかも知れません。

 

日常生活はクレジットカードやデビットカードのみで生活して現金やキャッシュカードは家族に預かって貰うとかが良いのではないでしょうか!?

 

また、一人暮らしだと何かと誘惑に負ける可能性があるので出来れば依存症を克服するまでは家族と同居することをオススメします。

 

因みにこのステップ3の期間が一番長く難しいです。私自身も何度もここで振り出しに戻されました。

4.最悪のアップロードと最高の将来

ステップ3を1年くらい続けてギャンブルから遠ざかることが出来たあなたはあと一息で普通の生活に戻ることが出来ます。大事なのがまだ最悪のシナリオになる可能性があることを忘れないことです。もう一度、自分自身に繰り返しギャンブル依存症のままでいる場合の最悪のシナリオを強く繰り返し擦り込んで下さい。

 

そして、最悪のシナリオを擦り込んだ後はこのままうまくギャンブルを辞めれた際の最高の将来を今度は強く繰り返し想像するのです。そうすることで潜在意識に今のままで大丈夫だもうギャンブルを必要ないと教え込みます。

 

5.上書き保存

ついに最後のステップになります。ここまでくればもう安心ですのでやっと自分のやりたいことを探して趣味を見つけて下さい。そしてそれを自分自身に上書きしてギャンブルのことはスパッと忘れましょう。2度と行かないようにしましょう。

f:id:sana0725sana:20180617075921j:plain

 

おわりに

如何でしたでしょうか?

今回はギャンブルに洗脳されて囚われ依存してしまった私が普通に生活出来る様になるまでに行ったことを紹介させて頂きました。ギャンブル依存症を克服するのは時間と根気そして強い意志が必要になるのです。そして、例え克服出来たとしてもまた油断すればまたギャンブル依存してしまいます。

 

それほど、潜在意識の現状維持機能は厄介なのです。しかし、逆に潜在意識さえ味方に付けてしまえば逆にあなたを守ってくれる守護神になりますので、苦しいかもしれませんがここで一度ギャンブル依存症と戦いあなたにとっての最高の人生を掴みとりましょう。

 

 

レミブログやってます

是非フォローよろしくです?

@Remi0308Remi

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク